Arduinoインストール

https://www.arduino.cc/

「JUST DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードします。寄付してもいいという方は「CONTRIBUTE & DOWNLOAD」でもよいです。

ダウンロードが開始されます。

アンケートが表示されますが、必要に応じて入力してください。

What’s your profession?:あなたの職業は何ですか?

Designer/Artist:デザイナー/アーティスト

Student:学生

Engineer/Developer:エンジニア/開発者

Maker:メーカー

Teacher:先生

Entrepreneur:起業家

Other:他の

Which categories best describe your interests?:あなたの興味を最もよく表すカテゴリはどれですか?

Home Automation:ホームオートメーション

Healthcare and Fitness:ヘルスケアとフィットネス

Fashion and Wearables:ファッションとウェアラブル

Agriculture and gardening:農業とガーデニング

Music and Design:アート、音楽、デザインArt,

Sustainability and Social Innovation:持続可能性と社会イノベーション

Gaming:ゲーム

AI:AI

PRO/Industrial:PRO/インダストリアル

Education:教育

Robotics:ロボット工学

Thank you for answering this survey. Your feedback is highly appreciated!:このアンケートにご回答いただきありがとうございます。フィードバックをお待ちしております。

インストール

Arduino起動

C# Serial Port .NET Core(.NET5.0)から

.NET5.0からなのか? ツールボックスにSerialPortが存在しない

SerialPort

DataReceivedHandler

Arduino

Serial.begin(9600, SERIAL_7E1)のように2つ目のパラメータでデータ長、パリティの有無、ストップビットを設定することができます。デフォルトは8bit、パリティなし、1ストップビット(SERIAL_8N1)です。詳しい設定方法についてはIDE付属のリファレンスを参照してください。

参考

Com Sirial Port

Arduino→VisualStudioでシリアルを受信しよう☆【Arduino / Visual Studio】

PC→Arduinoへシリアル通信しよう【Arduino / Visual Studio】

.NET Frameworkシリアルポート 非同期

Arduinoと.NET Coreでのプログラミング

C#フォームプログラムでのシリアル通信の仕方

【C#】シリアル通信(SerialPort)の使用方法を紹介!

C#で、シリアル通信をする

Dispatcher.Invoke

【C#】非同期処理の簡単な使い方【Task/async/await】

C#で別スレッドからコントロールを操作する (Dispatcher.Invoke)

HP(ヒューレットパッカード)F1~F12を「fn」を押さず機能させる

参考

https://support.hp.com/jp-ja/document/c02498652

https://jp.ext.hp.com/v-ivr/note-pc/accessory/faq/09/

HP fnキーを押さずにf1~f12を反応させる

HP 250 G7 – fnキーを押さずに f1~f12キーを押したときに Windows 標準のショートカットキーを機能させたい

BIOS設定を変更することで、fnキーを押さずにWindows 標準のショートカットキー機能を使用できるようになります。

※本製品のBIOS画面はマウスで操作できない為、キーボードで操作します。

  1. BIOS 画面を起動します。
  2. キーボードの左右キーを使用して、“System Configuration”を選び(①)、上下キーを使用して“Action Keys Mode”を選択します(②)。
  3. Enterキーを押すと、選択肢が表示されます。「Disabled」を選択し、Enter キーを押します。
    • Disabled:fn キーを押さずに Windows 標準のショートカットキー機能を使用できます。
    • Enabled:Windows 標準のショートカットキー機能を使用するには、fn キーを一緒に押す必要があります。
  4. 変更が完了したら、キーボードの「F10」キーを押します。“Exit Saving Changes?”と表示されます。
    保存して終了するかの確認画面です。「Yes」を選択して終了します。
  5. 再起動後、設定が反映されていることを確認します。

前に戻る