AutoCAD DXF

公式DXF

$MEASUREMENT70作図単位の設定:
0 = フィートインチ
1 = メートル
$INSUNITS70AutoCAD DesignCenter ブロックの既定の図面単位:
0 = 単位なし
1 = インチ
2 = フィート
3 = マイル
4 = ミリメートル
5 = センチメートル
6 = メートル
7 = キロメートル
8 = マイクロインチ
9 = ミル
10 = ヤード
11 = オングストローム
12 = ナノメートル
13 = ミクロン
14 = デシメートル
15 = デカメートル
16 = ヘクトメートル
17 = ギガメートル
18 = 天文単位
19 = 光年
20 = パーセク
21 = 米国測量フィート
22 = 米国測量インチ
23 = 米国測量ヤード
24 = 米国測量マイル

ACAD_REACTORS

AcDbBlockRepETag

天井インサートの配置計画について

https://osamari.biz/wp-content/uploads/2016/11/13006-01.jpg

Git featue作ったらコミットしていたデータが消えた

コミットしていたデータが消えた

ソースツリー上に見えない! 消したか!

あきらめて、3日分のプログラムを作り直そうと思ったが、あきらめが悪いオラはググってみた

ああぁ~ある! git でコミットが消えた場合に簡単に復帰する方法

以下のコマンドを入力し、これまでのLogを確認

git reflog

$ git reflog
1058ff2 (HEAD -> develop, origin/develop) HEAD@{0}: checkout: moving from feature/#_AAA to develop
43c59d0 (origin/feature/#BBB, feature/#_AAA, feature/#BBB) HEAD@{1}: Branch: renamed refs/heads/feature/#_コメントZ to refs/heads/feature/#_AAA
43c59d0 (origin/feature/#BBB, feature/#_AAA, feature/#BBB) HEAD@{3}: checkout: moving from c99c9d4ddfc26ae6ee30e71f22da9a069f8bc7e6 to feature/#_コメントY
c99c9d4 HEAD@{4}: commit: コメントX
63a3b60 HEAD@{5}: commit: コメントR
259b9a1 HEAD@{6}: commit: コメントP
aba1705 HEAD@{7}: checkout: moving from feature/#BBB to aba1705a37bd6d42bf1bdce7c87d73156eb8f4cd
43c59d0 (origin/feature/#BBB, feature/#_AAA, feature/#BBB) HEAD@{8}: reset: moving to HEAD
43c59d0 (origin/feature/#BBB, feature/#_AAA, feature/#BBB) HEAD@{9}: revert: Revert "コメントA"
23704a2 HEAD@{10}: commit: コメントA
aba1705 HEAD@{11}: commit: コメントB
0b69ee9 HEAD@{12}: revert: Revert "コメントC"
d99de67 HEAD@{13}: commit: コメントC

有った!

最後にコミットした「コメントX」

「コメントX」に戻し、新規featureを作る

git checkout c99c9d4

$ git checkout c99c9d4
Note: switching to 'c99c9d4'.

You are in 'detached HEAD' state. You can look around, make experimental
changes and commit them, and you can discard any commits you make in this
state without impacting any branches by switching back to a branch.

If you want to create a new branch to retain commits you create, you may
do so (now or later) by using -c with the switch command. Example:

  git switch -c <new-branch-name>

Or undo this operation with:

  git switch -

Turn off this advice by setting config variable advice.detachedHead to false

HEAD is now at c99c9d4 コメントX
$ 

sourceTreeを見てみたが何も変わってない??

branchまで作ってみるか? 

MyBranchというbranchを作るために以下のコマンド実行

git branch MyBranch

$ git branch MyBranch

sourceTreeを見てみたが何も変わってない??

そうだ! 再起動だ!

おぉ、出た出た! 一安心

参考:git でコミットが消えた場合に簡単に復帰する方法

C#メモ

Dispose

[雑記] Dispose にまつわる余談

【 @ 】

verbatim文字列

 最後に、ファイルのパスなどを記述するときに便利な文字列を紹介しておく。これは文字列定数の前に“@(アットマーク)”を付けたもので、「verbatim文字列」と呼ばれる文字列である(「verbatim」は「一字一句変えずに」という意味。“バーベイタム”と発音するらしいが、難しいのでよく英語のまま表記されている)。verbatim文字列の中では、通常の文字列で使用される「\n」、「\t」などのエスケープ・シーケンスが処理されない。このためパスの区切りを示す「\」をそのまま文字列中に記述することできる。

参考:文字列処理に関するヒント

【 $ 】

参考:C#で{0}を使って文字列に変数を埋め込む方法|文字列の結合方法など紹介

PictruBox

表示した画像をディスプレイ枠外まで移動させ、ディスプレイ内に戻すと画像が消える

参考:PictureBox上で消える画像&描画・消えない画像&描画

                Bitmap viewBitmap = OpenCvSharp.Extensions.BitmapConverter.ToBitmap(matMat);
#if DEBUG
                viewBitmap.Save(Const.Constants.WorkDir + @"\SlamViewWait.jpg", System.Drawing.Imaging.ImageFormat.Jpeg);
#endif
                this.pctBoxSetting.Image = viewBitmap;
                Graphics graphics = Graphics.FromImage(this.pctBoxSetting.Image);
                graphics.DrawImage(viewBitmap, 0, 0, this.pctBoxSetting.Width, this.pctBoxSetting.Height);
                matMat.Dispose();


                /* 表示している画像のウィンドウをディスプレイ表示枠の外に移動し、戻すと画像が消える
                Graphics graphics = this.pctBoxSetting.CreateGraphics();
                graphics.DrawImage(viewBitmap, 0, 0, this.pctBoxSetting.Width, this.pctBoxSetting.Height);
                matMat.Dispose();
                */
                /* ファイルを開き画像を表示中に、そのファイルに保存しようとするとロックが掛かりエラーが発生する
                Debug.WriteLine("PictureBox SizeMode=" + this.pctBoxSetting.SizeMode);
                //画像の大きさをPictureBoxに自動修正
                this.pctBoxSetting.SizeMode = PictureBoxSizeMode.StretchImage;
                //画像を表示する
                this.pctBoxSetting.Image = System.Drawing.Image.FromFile(Const.Constants.WorkDir + @"\SlamViewWait.jpg");
                Debug.WriteLine("PictureBox SizeMode=" + this.pctBoxSetting.SizeMode);
                */