管理者の育成

経営のPDCAをまわす

粗利益=(売価ー原価)×数量ー固定費

マネジメントゲーム

チームをまとめる(リーダーシップ)

目標を掲げる技術

周囲に働きかける技術

人材育成

マニュアル作成(手順・コツ・考え方)

人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇等付与コース、特別育成訓練コース、人への投資促進コース)

ITSSのキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ

特別育成訓練コース

令和4年度版パンフレット(特別育成訓練コース)詳細版(R4.10.1~)  

助成率

期間は最大6ヶ月となるので、西暦2022/10/1~西暦2023/9/30

日数計算式日数休日数
日付日数3650
日付日数−土日祝日247119

実際はMAXを申請する事は現実的に不可能で有るが、仮にMAXを申請した場合

123日×8時間=984時間(申請は大きくても800時間程度となる)

OJTの占める割合は、総換算時間の1割以上9割以下となるため、最小で80時間

OJT金額一律10万 ÷ 80時間= 1250円/1時間

800時間 ー 80時間 = 720時間

720時間 × 760円 = 547,200円

合計647,200円

OFF-JT

支給対象となる訓練賃金助成経費助成
正社員化した場合非正規雇用を維持した場合
生産性要件満たす生産性要件を満たす生産性要件を満たす
有機実習型訓練760円
(475円)
960円
(600円)
70%100%60%75%

OJT分の支給額

支給対象となる訓練実施助成(1人1コース当たり)
生産性要件を満たす
有機実習型訓練10万円(9万円)13万円(12万円)

人への投資促進コース

人材開発支援助成金 – 人への投資促進コース

高度デジタル人材訓練

成長分野等人材訓練

情報技術分野認定実習併用職業訓練

長期教育訓練休暇等制度

自発的職業能力開発訓練

定額制訓練

参考動画

人材開発支援助成金「人への投資促進コース」のご案内

人への投資促進コース【情報技術分野認定実習併用職業訓練】について

人への投資促進コース【高度デジタル人材訓練/成長分野等人材訓練】について

人への投資促進コース【定額制訓練】について

扶養の壁

103万円:税金(扶養控除・配偶者控除)

106万円:社保(101人以上の会社)

以下の条件を全て満たす場合

・正社員101人以上の会社に勤務

・収入が月88,000円以上

・雇用期間が2ヶ月超見込まれる

・所定労働時間が20時間以上

・学生ではない

月給10.8万円の場合、手取り約1.5万円減少

130万円:社保(100人以下の会社)

150万円:税金(配偶者特別控除が減少)

201万円:税金(配偶者特別控除が消滅)