MQTT MQTTnet.Extensions.ManagedClient

MQTTnetのパッケージ選択

MQTTnetパッケージにも、以下の2つが存在する。依存関係を確認してみるとMQTTnetにはnet6.0に対応していない(202207/20現在)、しかしMQTTnet.Extensions.ManagedClientはnet6.0に対応している。

よって、MQTTnet.Extensions.ManagedClientを追加パッケージとして選択する

  • MQTTnet.Extensions.ManagedClient
  • MQTTnet

MQTTnetパッケージの追加

プロジェクトエクスプローラーの依存関係を選択後、右クリックしNuGetパッケージ管理を選択

検索窓にMQTTと入力

OKボタンを押す

以下のように、パッケージが追加された事が確認できたら追加OK

パッケージをインストールした側も、さきほどまで「インストール」と表示されていた個所が「アンインストール」と表示されていれば追加されていると判断しOK

実装

Publisher/Subscriberともに、MQTTブローカーを扱うにはまずChannelに接続するためChannelのオプションを設定する必要がある

クライアントオプションWiki

多分わかりやすいC#の非同期処理その2 〜 asyncとawait 〜

参考

【Unity】MQTTnetでMQTT通信する

nodejs,C#,ブラウザからMQTTで通信をしてみるテスト

【MQTTnet】C#でMQTTを扱う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA