Git CredentialHelperSelector

サーバにpushするときに、credential=認証情報(ユーザ名、パスワード)が必要です。
pushを実行するたびに認証情報を毎回入力するのは面倒なので、そこを助けてくれる(helper)のがCredential Helperです。

Credential Helperにはいくつか種類があるので、どれを使いたいかを選んでください、というメッセージです。

  • no helper → helperを使わない = pushするたびに毎回ユーザ名、パスワードを自分で入力する
  • manager → Git Credential Manager for Windows を使う
  • store → git-credential-storeを使う
  • wincred → git-credential-wincredを使う

store:パスワードを平文で保存するのであまりお勧めできない。
managerとwincred:普通に使う分にはあまり違いはない。どちらもWindowsの資格情報に暗号化されて保存される。

パスワードをどこにも保存したくなければ、no helper
楽をしたいなら、manager

  • manager → [Git Credential Manager for Windows

](https://github.com/microsoft/Git-Credential-Manager-for-Windows)を使う

参考

[ GitHub ] Sourcetreeを導入後、プッシュしようとしたらcredentialHelperSelectorと出た

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA