会員サイト構築

会議サイト構築テンプレート参考サイト

https://www.conoha.jp/lets-wp/search/page/1/?btn_id=lets-wp-2–pager_lets-wp-1

WordPressで会員サイト・会員専用ページを作成する【3つの方法】

WordPressの有料テーマ!絶対に外せないおすすめ10選

【簡単】会員制サイトを作れるWordPressテーマ5選【プラグイン不要】

超イケてる!WordPressテーマ徹底比較

TCD

BitbucketにSSLを設定

公開鍵と秘密鍵作成

C:\Users\user>cd .ssh

C:\Users\user\.ssh>ssh-keygen -t rsa -f bitbucket_rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in bitbucket_rsa.
Your public key has been saved in bitbucket_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:mf5kCqzGZlZuabOMzpnBXF9xDdQQbiVFtmU//tJqIUg user@pc000009
The key's randomart image is:
+---[RSA 3072]----+
|           .**= o|
|           . *.+.|
|          . + o..|
|         oE+  . .|
|      . S...   . |
|   o o.o .. . ...|
|   .+oo.o o  ...o|
|   .*B*. =    .o |
|   *Booo. .  ..  |
+----[SHA256]-----+

C:\Users\user\.ssh>dir
 Volume in drive C is Windows
 Volume Serial Number is 4C90-4080

 Directory of C:\Users\user\.ssh

2022/04/14  17:46    <DIR>          .
2022/04/14  17:46    <DIR>          ..
2022/04/14  17:46             2,655 bitbucket_rsa
2022/04/14  17:46               577 bitbucket_rsa.pub
               2 File(s)          3,407 bytes
               2 Dir(s)  184,869,859,328 bytes free

C:\Users\user\.ssh>

labelは何でもよく識別できる名前をつける

id_rsa.pub 公開鍵のデータをkeyに貼り付ける

id_rsa 秘密鍵を「SSHキーファイルを選択する」

参考リンク先

BitbucketでSSHキーの認証を設定する方法解説

https://support.atlassian.com/ja/bitbucket-cloud/docs/set-up-an-ssh-key/

ubuntuのsshdを鍵認証にしてLinuxとwindowsからログインできるようにする

【Ubuntu】公開鍵認証によるSSH接続の設定(公開鍵・秘密鍵の作成)

https://self-development.info/%E3%80%90ubuntu%E3%80%91%E5%85%AC%E9%96%8B%E9%8D%B5%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8Bssh%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A%EF%BC%88%E5%85%AC%E9%96%8B%E9%8D%B5%E3%83%BB%E7%A7%98/

システム全体の設定は /etc/ssh/ssh_config に設定

fatal: unsafe repository

https://s10i.me/whitenote/post/42

https://www2.metro-cit.ac.jp/~hkob/2019/04/26/windowssetting.html

https://www.karakaram.com/windows-git-source-tree/

参考

BitbucketにSSH認証鍵を設定する

https://qiita.com/0084ken/items/e763c85054a5a1e2cc6c

bitbacket fatal: Authentication failed

エラー発生状況

souceTreeよりbitbacketへプッシュしたらエラーが発生した

git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false --no-optional-locks push -v --tags --set-upstream web develop:develop
remote: Bitbucket Cloud recently stopped supporting account passwords for Git authentication.
remote: See our community post for more details: https://atlassian.community/t5/x/x/ba-p/1948231
remote: App passwords are recommended for most use cases and can be created in your Personal settings:
remote: https://bitbucket.org/account/settings/app-passwords/
fatal: Authentication failed for 'https://xxxxx@bitbucket.org/Xxxxx/Xxxxx.git/'




Pushing to https://Xxxxx@bitbucket.org/Xxxxx/Xxxxx.git
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。

解決方法

httpsからSSLに変更するか、アプリパスワードを使うかの方法がある。

Generateをクリックする

参考

Bitbucketへの登録

https://qiita.com/0084ken/items/e763c85054a5a1e2cc6c

https://engineer-ninaritai.com/bitbucket-ssh/#SSHBitbucket

SSH鍵作成(PuTTY版)

https://ccportal.ims.ac.jp/node/2833

解決案検討

参考

発表:2022年3月1日までのGitoverHTTPSおよびAPIでのBitbucketCloudアカウントのパスワード使用

https://community.atlassian.com/t5/Bitbucket-articles/Announcement-Bitbucket-Cloud-account-password-usage-for-Git-over/ba-p/1948231/page/10

AWS APN ソフトウェアパス

APN ソフトウェアパス

ソフトウェアパス 全体構成

ファンデーションナルテクニカルレビュー(FTR)

参考資料

AWS APN ソフトウェアパス PDF資料

https://handouts-live.s3.amazonaws.com/3cb063922b78414180b43e1fec6f7432?X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Date=20220408T010227Z&X-Amz-SignedHeaders=host&X-Amz-Expires=86400&X-Amz-Credential=AKIAJICNIQWVMWBRIUMQ%2F20220408%2Fus-east-1%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Signature=7014d37b9e3b85286845746635a75031264edec37150794075e8921322d5bb75

AWS APN ソフトウェアパス 動画資料

https://app.gotowebinar.com/unified/index.html#/webinar/5966954366435150606/attend/3093425809453653264

Google Workspace へのアップグレード

アップグレードにより使えなくなるサービス

以下のサービスが使えなくなると考えられる

  • Gmail
  • カレンダー

アップグレードしても無料枠で使えるサービス

今後数週間以内に、Google 管理コンソールに待機リストについてのメッセージが表示されます。

以下のツールが無料で継続使用できる

  • Google ドライブ
  • Google Meet
  • Google マップ
  • YouTube 

アップグレードしたくない場合、料金不要のオプションはありますか?

今後の対応

Google Workspace(旧G Suite)のバックアップの機能は二通り

  • Google Vaultの場合、どちらかというとE-Discoveryという監査目的の機能ですので、Gmailのメール送受信の内容とGoogleドライブのみが対象となります。さらに、存在するアカウントのデータのみが対象となりますので、例えば退職した社員でGoogle Workspace(旧G Suite)のアカウントが既に削除されたものは対象外となってしまいます。
  • アーカイブ機能の場合、Google Workspace(旧G Suite)のデータをローカル(パソコン上)にバックアップしておく形になりますので、ダウンロードしたパソコン上でしかデータを確認できませんし、ローカルの容量を使うことになります。

Google Workspace(旧G Suite)のバックアップについて知りたいのですが

Google 管理コンソールに待機リストへの追加

メールサーバー立ち上げ