Git CredentialHelperSelector

サーバにpushするときに、credential=認証情報(ユーザ名、パスワード)が必要です。
pushを実行するたびに認証情報を毎回入力するのは面倒なので、そこを助けてくれる(helper)のがCredential Helperです。

Credential Helperにはいくつか種類があるので、どれを使いたいかを選んでください、というメッセージです。

  • no helper → helperを使わない = pushするたびに毎回ユーザ名、パスワードを自分で入力する
  • manager → Git Credential Manager for Windows を使う
  • store → git-credential-storeを使う
  • wincred → git-credential-wincredを使う

store:パスワードを平文で保存するのであまりお勧めできない。
managerとwincred:普通に使う分にはあまり違いはない。どちらもWindowsの資格情報に暗号化されて保存される。

パスワードをどこにも保存したくなければ、no helper
楽をしたいなら、manager

  • manager → [Git Credential Manager for Windows

](https://github.com/microsoft/Git-Credential-Manager-for-Windows)を使う

参考

[ GitHub ] Sourcetreeを導入後、プッシュしようとしたらcredentialHelperSelectorと出た

C# Sort Copy

[C#] Listをコピーする

Copy

List<IPart<T>>? workParts = new List<IPart<T>>(_parts);

Clone

Cloneメソッドはシャローコピーである(参照だけを複製する)

Sort

private static int Compare(IPart ISource, IPart IDestination)

  • 負の値 : インスタンス Source は、並べ替え順序において Destination の前になります
  • 0 : インスタンス Source は、並べ替え順序で、Destination と同じ位置に出現します
  • 正の値 : インスタンス Source は、並べ替え順序において Destination の後になります

2 つの一般的なリストを比較して違いを確認する最も簡単な方法

var firstNotSecond = list1.Except(list2).ToList();
var secondNotFirst = list2.Except(list1).ToList();

return !firstNotSecond.Any() && !secondNotFirst.Any();



Windowsアプリのインストール構成

.NET は、ランタイムと SDK で構成されています。

ランタイムは .NET アプリを実行するために使用

SDK は、.NET アプリとライブラリの作成に使用

Windows には、3 つの異なるランタイムをインストールできる

  • ASP.NET Core ランタイム
  • Desktop ランタイム
  • .NET ランタイム

ダウンロード先

.NET のダウンロード

Download .NET

参考

Windows に .NET をインストールする