法人税節税の19スキーム

未払費用を年度内に経費計上する

決算期を跨ぐ(サービスを受けるのが決算前で、支払うのが決算後の場合)経費を計上する

短期前払費用を年度内に経費計上する

短期前払費用の特例がある

各種費用の支出のタイミングを調整する

役員給与は「定期同額給与」にする

出張旅費規程を作成する

出張旅費規程を作る

減価償却資産は中古品の購入を検討する

3年10ヶ月落ちの中古車を買い1年で償却する

役員賞与は「事前確定届出給与」にする

会計年度の最初の4か月目までに届け出をする

棚卸資産の「売却損」「廃棄損」「評価損」を計上する

貸倒損失を計上する

貸倒引当金を計上する

将来相手が倒産する可能性がある場合、一部を計上できる

不要固定資産の「売却損」「除去損」「評価損」を計上する

中小企業のみが利用できる少額減価償却費の特例を利用する

従業員に決算賞与を支給する

欠損金の繰戻還付を受ける

前年度が黒字の場合に、本年度の赤字を相殺し前年度の黒字を少なくできる

欠損金の繰越控除を受ける

10年間赤字を黒字が出た時に相殺できる

事業年度を繁忙期から始まるように変更する

中小企業倒産防止共済に加入する

月額20万円、年間2400万円まで一括で経費にできる

研究開発等に関する各種優遇税制を利用する

減価償却費を即時償却できる(最近は太陽光やコインランドリー等がある)

中小企業経営強化税制(即時償却or税額控除)

オペレーティングリースを活用する

最低1千万円からとなっています。

法人税節税の19スキーム

役員報酬と退職金を使ったスゴイ節税スキーム