中古車節税3年10ヶ月以上

納車日が重要

期首に納車でないと12ヶ月の減価償却ができないので1年で償却できない

対応年数

普通車6年 軽自動車4年

3年10ヶ月以上落ちの中古車の場合「定率法」を使うと1年で償却できる

耐用年数が2年の物は1年で償却できる

期首に買わないと12ヶ月分償却

なぜ3年10ヶ月

経費計上を考慮してお得に中古車を購入するなら、定率法を使うと1年で償却できる「3年10ヶ月落ち(4年落ち)の中古車」がおすすめです。

中古車の耐用年数の求め方は既に述べた通り「法定耐用年数-経過年数+経過年数×20%」で求めることができます。3年10ヶ月落ちの中古車の場合は次のとおりです。

72ヶ月-46ヶ月+46ヶ月×0.2=35.2ヶ月=約2年11ヵ月

1年未満の端数を切り捨てるため、2年という耐用年数が算出されます。つまり11ヶ月分を切り捨てることができます。

「3年10ヶ月落ちの中古車」は2年という耐用年数が算出されるギリギリのボーダーラインなのです。

https://meetsmore.com/services/tax-accountant/media/49476

【マーケター西口一希】なぜ成長が止まるのか/顧客を見失う「3つのパターン」/マス思考に陥るな/スタートアップの壁は社員数100〜300人

成長が止まるクライアントの特徴

どなたがお客さんか解っていない状況におちいている

・自社の商品サービスが、どのようなお客様に売れているかも判っていない

・誰に売っていいのかも、おぼろげになっている

グレイナーの企業成長モデル

委譲段階で問題を抱えている企業が多い

・お客さんが見えなくなっている

・だれがお客様か、だれに売っていくかを委譲せず、やることとか、やり方を部門に委譲している

・売るべき人に投資をせずに、無駄な投資をしている

・何種類かのお客様いるのに、それが共有化できていない

委譲の時に気をつけること

どんなマーケットを狙っているか?

・マーケットは売り上げではなくて人数でみないといけない

・今売れているお客様は、どんな人ですか? 利益を頂いているお客様は誰ですか?

・離れていったお客様はどんな人ですか?

・今後狙う人はだれですか?

 それを狙うには、何を?

  ・便益

   買う理由

  ・独自性

   他社を買わない理由(これが無いと価格が下がる)

独自性と便益の探し方

・継続的に商品を買っている人に会って聞くこと。

・使っているお客様使っている理由が、ロイヤルユーザーが捉えているのが独自性と便益

・平均値を取ってはだめ、複数の独自性と便益を弊社のターゲット層になる事を認識すること

・マスマーケティングは問題ではなくマス志向が問題です

四半期ごとにお客様の変化をとらえる

・心理

・多様性

・変化

大企業から学ぶこと

・PL責任を持つ

キャリア設計

・何を目指すか?

「初任給42万円」の衝撃とからくりを読んで

サイバーエージェント「初任給42万円」の衝撃とからくり

上記リンク先を読んで

令和3年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)によると、一般的な大卒者の平均初任給(残業代・賞与別)は22万5400円

新規学卒者初任給(男性)  1976年~2019年

数字の見せ方にポイントがあると記述されている

確かに初任給額は「42万円」だが、これは多くの人がイメージする「月額基本給(残業代・賞与別)」ではなく、「年俸額504万円を12分割した1カ月分の金額」である。12分割であるから当然ボーナスという概念はない。

年俸500万円超えは十分高いと思われるかもしれないが、ここでもう一つのからくりが有ると記述されていた。

からくりとは

初任給42万円は「残業代・賞与込み」の金額

つまり残業代はつかない「固定残業月80時間分、深夜残業月46時間分込み」ということ

この固定残業時間をもとに

「42万円」の内訳は「基本給金額約25万円」「固定残業代約17万円」との計算になる。

別の見解だと

新卒初任給42万!サイバーエージェントのからくりは?

上場企業の場合260万から280万(賞与を含めると初任給の14か月分になる)多くても300万円位

サイバーエージェントの年間休日は126日で、所定労働時間159.33時間、時給1500円になる。そのため「基本給金額23万9000円」となる。

その他に企業を見ると、NEC22万7000円、日本郵船25万5000円、コーエー29万

サイバーエージェントの残業代と深夜手当あわせて18万1000円

結論

基本給23万9000円、残業代+深夜手当で18万1000円、合計42万円

感想

東京で初任給23万円となると、そんなに高くない!

見せ方の問題だと思う、ただ! 大学出てても、このようなからくり見抜けないと思う。

サイバーエージェントの見せ方は、工夫して見せているので、努力が見受けられるため、そんなに悪いとも言い難い。

学生については、見抜けないのは仕方がないが、それだけの給与を貰うためには、「それだけの技術が要求される!」「それだけの残業を要求される!」という事だと思う。

単に、固定残業代だからやらなくても貰えるというのは考えが甘すぎる、それだけの給与を貰うためには、それだけの売り上げ利益を出さないと、もらえないどころか会社がつぶれるということだ。

会社税額

個人税額

所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%97,500円
330万円を超え695万円以下20%427,500円

法人税額

経常利益法人実効税率
400万円以下約20%
800万円以下約25%
800万円超え約34%

会社の節税テクニック

節税ポイント3点

効果が永久的か一時的か

いつやるか

現金が必要か

効果が永久的

未払い費用を年度内に経費計上する

短期前払費用を年度内に経費計上する

各種費用の支出のタイミングを調整する

役員給与は定期同額給与

役員報酬+経常利益 が1千万の場合 役員報酬を200~300万円が一番個人法人手取り額が多くなる

効果が一時的