最近の技術者の呼ばれている分類

会社分類(最近呼ばれている名称)

以下の4つの分類があります

Web系

自社開発企業

アプリなど自社サービスを作る

Web制作企業

ホームページなどを作る

業務系

Sier

企業に合った便利ツールを作る

SES

希望に沿った専門家・エンジニアを派遣

もう少し具体的に説明すると

自社サービス(Web(ネット・インターネット))系企業

・インターネットを活用

・発注元が存在しない

・スケールさせることを前提

・自社サービス

主な技術者の分類

メインとしている技術領域で分類している

  • インフラエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • iOS/Androidエンジニア
  • フルスタックエンジニア

「インフラ・サーバー・フロントエンド」全ての領域を幅広くカバーしているひとをフルスタックエンジニア

特長

開発方式

非ウォーターフォール

  • アジャイル
  • リーン開発
  • マイクロサービス

働く場所

自社

Web系企業の受託の場合は、客先常駐や自社となる

情報発信

情報発信を積極的に出している(リクルーティングの目的や仕事の受注に繋げている)

SIer系企業

・発注元が存在する

主な技術者の分類

工程ごとに分類している

  • SE
  • PG

特長

開発方式

ウォーターフォールが多い

働く場所

客先常駐が多い

情報発信

Web系よりも比較的に情報発信が少ないケースが多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA