「まとめ」UML

構造に関する表記

クラス図(Class Diagram)

クラス構造を表現します。

オブジェクト図(Object Diagram)

クラスをより具体化したオブジェクトで表現します。

パッケージ図(Package Diagram)

クラスなどをグループ化し整理された関係を表現します。

コンポジット構造図(Composite Structure Diagram)

クラスやコンポーネントの内部構造を表現します。

コンポーネント図(Component Diagram)

コンポーネントの内部構造ならびにコンポーネント間の依存関係を表現します。

配置図(Deployment Diagram)

システムの物理的な構成を表現します。

振る舞いに関する表記

ユースケース図(Use Case Diagram)

ユーザなど外部からの要求に対するシステムの振る舞いを表現します。

アクティビティ図(Activity Diagram)

システムの実行における処理の流れや状態遷移を表現します。

状態マシン図(State Machine Diagram)

イベントにより引き起こされるオブジェクトの状態遷移を表現します。

シーケンス図(Sequence Diagram)

クラスやオブジェクト間の応答を時系列で表現します。

コミュニケーション図(Communication Diagram)

クラスやオブジェクト間の関連と応答を視覚的に表現します。

相互作用概要図(Interaction Overview Diagram)

相互作用図(ユースケース図やシーケンス図など)を構成要素として、より広域な処理の流れを表現します。


タイミング図(Timing Diagram)

クラスやオブジェクトの状態遷移を時系列で表現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA