RS232C win32 windows .Net Framework

windowsバージョンとの依存関係やそれにまつわるプログラム参考など

.NET Frameworkバージョン依存関係

.NET Framework のバージョンおよび依存関係

.NET Framework のバージョン対応表

Microsoft Win32 と Microsoft .NET Framework API との対応

Win32 と C++ の概要

Win32 API を使用してデスクトップ Windows アプリをビルドする

WinMain: アプリケーションのエントリポイント

最初の Windows プログラム 概要

Win32プログラム

WinDef.h 整数型の宣言

Winnt.h 文字列型の宣言

win32 RS-232C 参考プログラム

Win32 API を使用してデスクトップ Windows アプリをビルドする

win32 シリアル通信 (Serial communication)

CとWin32APIで書くRS232Cプログラム

RS232C シリアル通信

WIN32APIでシリアル(RS-232C / EIA-232D)通信

C++による RS232C 通信ソフト

Windows95上でVC++

Win32 標準 Windows API

Win32でのシリアル通信の作成 2002年10月20日

Win32API(BorlandC++Compiler,VC++6.0など)

system.dll

PC上でソフトウェアMicrosoft (R) .NET Frameworkを起動すると、system.dllに含まれるコマンドがPC上で実行されます。このために、ファイルはメインメモリ(RAM)にロードされ、Microsoft (R) .NET Frameworkのプロセス(タスクとも呼ばれます)としてそこで実行されます。

System.dllを使った.Net FrameworkのVisual C++シリアル通信

RS232C信号線監視

SetupComm

指定した通信デバイスの通信パラメータを初期化

GetCommModemStatus

モデムの制御レジスタ値を取得する。

WaitCommEvent

指定した通信デバイスでイベントが発生するのを待機する。この関数で監視するイベントは、デバイスのハンドルに関連付けられているイベントマスクによって示される。

C++でのRS232c通信クラス

https://www.tokovalue.jp/API_INDEX_A.htm

API Tips & Others

COMポート(シリアル)で電文の送受信をするサンプル(VC6/VB6/VBA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA