経営企画業務で役立つフレームワーク

フレームワークについて、コンサルの仕事でフレームワークに割り当てて、そのまま提出するような簡単な仕事はほぼ無い。

5フォースとFESTの組み合わせ

新規事業の収益性の目安を作る

STP

自社のマーケティング活動の有効性

STPが曖昧なままに4Pを検討しても意味が無い

グレイナーモデル

5段階の成長段階

5W2H1G

一瞬で物事を報告する

5W:いつ・どこで・誰が・誰に対して・何をやするか

2H:金、時間をどのようにかけているのか

1G:ゴール・目標

問題解決の5段階

1.あるべき姿:理想像を把握

2.現状把握

3.問題の抜き出し:現状とあるべき姿のギャップを問題として認識する

4.対策立案:対策を立てていく

5.実行:実行しチェックアウトしていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA